1 眠りのリズムの発達について学ぶ
2
  夜と昼のメリハリについて

day&night

  さきに、「眠りのリズム」という表現をつかいました。私たち人間は、「昼行性」の動物です。(「昼行性」という言葉は、なじみがないと思いますが、「夜行性」と逆の意味で使います。
つまり、「夜行性」とは夜に活動する特性のことで、「昼行性」というのは、昼に活動するという特性のことです。)つまり、私たち人間は、昼間活動し、夜に眠るように出来ているわけです。
どんなに文明が進んでも(人間のリズム遺伝子の操作でもしないかぎりは・・・)この生物としての制約から逃れることは出来ません。
ところが、現代の人間は、この生物としての制約を無視した生活を強いられているか、もしくは、制約を認識しないまま生活をしていることが実に多いのです。

 次に、このような問題を考えてみましょう。

OPENING TOP LINK NEXT⇒
眠りのリズムの発達について学ぶ
子どもの眠りの発達について
  赤ちゃんの眠りはどのようにそだつのか
幼児の眠りはどのようにそだつのか
良いお昼寝のとり方とは
  発達にそったお昼寝のありかた
保育園でのお昼寝について
夜と昼のメリハリについて
  不登校や認知症の眠りのリズムについて
思春期の子どもの眠りのリズムについて
  長いお昼寝と短いお昼寝
  お昼寝は長さとタイミングが大事
保育園の先生方とすすめてきた眠りの調査や実践について
  幼稚園児と保育園児の眠りの比較について
  あすなろ保育園の星先生との出会い
  こじか保育園の佐々木先生との出会い
  まゆみ学園の古渡先生との出会い
  今回のプロジェクトの成果について
眠りのQ&A
   
眠りの診断シート
.
Copyright 2009 K. Fukuda at Fukushima University All Rights Reserved .